タイトル




・・・「人類の進化の歴史がDNAに刻まれているとすれば、人類の英知の歴史は憲法にこそ刻まれていると言うべきでしょう」。これは1995年9月の第4回国際憲法学会世界大会でのある挨拶の一節です。

 いま、憲法がとても軽く扱われています。憲法と現実との矛盾があれば、いとも簡単に憲法のせいにされてしまう。日本国憲法には、この国の過去を踏まえながら未来を見通した様々なメッセージが包み込まれています。それを再発見し、読み解くことは、この国の将来のためにとても大切なことだと思います。「現実にあわない憲法なんて改正すればぁ」といとも簡単にいってしまわない人たちのために、このホームページを提供します。複雑な国際環境のもとで、この国が誤ることなく歩んでいくために、この憲法の存在意義を再確認していきたいと思います。・・・

サイン


インデックスページへ

印刷用ページ→