時代

新聞を読んで
●1997-2008●

水島朝穂 著

柘植書房新社 2009年4月

表紙
はじめに
 
1997年
ペルー日本大使公邸人質事件の強行突入
  / 脳死を人の死とする法案
  / 憲法施行50年の憲法議論
行革会議の省庁再編案
  / 劣化ウラン弾問題
  / 条例によるインターネット規制
山一証券の経営破綻
  / 外国人にも管理職への道
  / 名護市住民投票を前にして
 
1998年
地下鉄サリン事件から3年
  / 「周辺有事立法」と新輸送艦配備
  / サッカーくじ法案の可決
「ロス銃撃事件」、最高裁へ上告
  / 少年法の改正を諮問
  / 「今世紀最後」の参議院選挙
 
1999年
老舗百貨店の閉店と所沢産野菜の暴落
  / ガイドライン関連法案と自治体
  / 西暦2000年問題
 
2000年
警察不祥事
  / 「戦争決別宣言決議」の不思議
  / 世紀末の総選挙へ
人間の死をみつめる
  / 55年目のヒロシマ・ナガサキ
  / 日航機事故から15年
  / サミットリカちゃん
参議院の惨状 —— 「死に至る病」
  / 少年法厳罰化を語る前に

無罪から無期へ —— ネパール人被告

  / 教育基本法の「見直し」提言
  / 死刑廃止の世紀へ
 
2001年
タリバン政権によるバーミヤンの仏教遺跡破壊
  / えひめ丸事件の諮問会議
沖縄県民意識調査から見えるもの
  / 控訴せずの意味、ハンセン病国家賠償訴訟
慰霊ということ
  / 首相の靖国神社参拝問題
同時多発テロと空爆開始の節目に
  / テロ対策特措法と自衛官派遣問題
  / 警官の拳銃使用の緩和
 
2002年
朝日新聞阪神支局襲撃事件の公訴時効
  / メディア規制法案
  / 社説にみる55回目の憲法記念日
大洪水と地球温暖化
  / イラク攻撃をめぐって
  / 住基ネットをめぐる問題

拉致被害者帰国から1月 —— 拉致問題への視点

  / 韓国女子中学生死亡事件、米兵に無罪判決
 
2003年
イラク問題の「瀬戸際」
  / 世界に広がる戦争反対の輪
  / 日本政府の対応への疑問

イラク戦争はなんだったか

 

/ 旧日本軍の毒ガス被害
—— 茨城県神栖町から見えるもの

冷夏をさらに冷やす死刑判決
  / 万景峰号入港と6カ国会議
「旧日本軍毒ガス弾訴訟」
 
2004年
メディアと防衛庁の「イラク取材ルール」合意
  / 神戸連続自動殺傷事件の元少年「仮退院」
見境のない暴力の連鎖
  / 佐世保小6女児同級生殺害事件
  / 違憲状態の参院選
沖縄と台風
  / 米軍ヘリ沖縄国際大墜落事件
  / 普天間基地移設をめぐって
韓国紙から見た日本
  / 「12月8日」前後に決まったこと
  / 自衛隊イラク派遣延長について
  / パレスチナの微かな光
 
2005年
3月20日の紙面から
  / 「まさか」の出来事
  / ニッポン放送「新株予約権」問題
韓国での「新聞を読んで」
  / 歴史教科書の問題
  / 日韓関係の今後
  / 「対話の不在」を克服するために
長崎での「新聞を読んで」
  / ハリケーン「カトリーナ」と台風14号
  / 暴風雨下の総選挙
  / 最高裁判官国民審査についての投書から
イラク派遣再延長の閣議決定
  / CIA秘密収容所疑惑と欧州
  / 「もう一つの12月8日」
 
2006年
WBCで日本優勝
  / 米世界戦略と在日米軍基地
  / ニセ学位と75歳博士号
改正道交法施行日の風景
  / 参議院議員定数「4増4減」のお粗末
真夏の沖縄から戻って
  / 「安保の見える丘」の閉鎖?
  / 普天間基地協議会をめぐる「ゆらぎ」
  / 出生率3.14の島
防衛庁から「防衛省」へ
 

/「いじめ」と教育基本法改正問題

 

/最高裁、前納学費返還に初判断

 
2007年
統一地方選挙はじまる
  / 国民投票法案の動向
  / 犯罪被害者さんか制度への疑問
  / 「美しい国」の「うまし国」論争
「北の国」からの視点
  / 第二次安倍内閣と北海道
  / テロ特措法延長をめぐって
  / 地方の再生の為に
入国審査と諮問・顔認証
  / クラスター爆弾禁止条約への道
  / 「モラルを問う」企画のこと
 
2008年
イージス艦が漁船に衝突した事故、その後
  / 沖縄とサイパンと
  / ネット規制と「18」歳
ふたつの高裁判決 —— 名古屋高裁判決その後
  / 「光市星殺害事件」の差し戻し控訴審判決
北京オリンピックまで1週間
  / 労働者派遣法改正へ
  / 神戸・都賀川事件から
新聞と「総理大臣の一日」
  / 金融危機、そして消費税増税
  / 「かわいがり」から「はなむけ」へ
 
新聞から見える時代の境目

***TOPICS***

書評「今を解説する『診断』指南書」
(前泊博盛)琉球新報2009年10月18日
記事本文(PDF)

書評「憲法の視点で社会の動きを深く分析」
(小鷲順造)『ジャーナリスト』616号(2009年7月25日)6頁
記事本文(PDF)

「今号のオススメ」水島朝穂『時代を読む』
早稲田大学広報『CAMPUS NOW』 2009盛夏号(2009年7月15日)27頁

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>
書籍『時代を読む——新聞を読んで 1997-2008』

法学館憲法研究所サイト
http://www.jicl.jp/now/ronbun/backnumber/20090525_01.html

「時代を読む」刊行に寄せて
NR出版会Webサイト
http://www006.upp.so-net.ne.jp/Nrs/memo0905.html

書籍広告掲載
『東京新聞』2009年4月16日付

 

トップページへ。