ヒロシマ・ナガサキ


2017/8/14:「不安の制度化」の手法――トランプ・金・安倍の危ないチキンレース

2017/1/2:自由と立憲主義からの逃走――「直言」更新20周年

2016/7/25:スターリングラードの「ヒロシマ通り」――独ソ開戦75周年(1)

2016/6/13:過去といかに向き合うか、その「光」と「影」(その2・完)――ヒロシマとヴェルダン

2015/8/10:「日航123便墜落事件」から30年

2014/9/22:雑談(107)米倉斉加年さんのこと

2014/8/25:「徴兵制違憲」解釈の変更は「あり得ない」か

2014/8/18:「壊憲の鉄砲玉」といかに向き合うか――憲法研究者の「一分」とは(その3)

2014/8/11:安倍政権とコピペ文化――安保法制懇はどこで議論していたのか

2014/3/3:ジャーナリストとは何か――むのたけじ氏の言葉

2013/3/11:わが歴史グッズの話(35)艦砲と空襲の破片、そして原爆瓦

2012/6/25:原子力基本法が改正された

2010/3/15:「広義の密約」とは何か

2010/3/1:「核の傘をたたむ日」に向けて

2009/8/24:核時代のピエロ

2007/8/13:映画「TOKKO-特攻-」を学生と観る

2007/7/3:特別直言 「しかたない」と「しょうがない」――故・宮澤元首相と久間前防衛相

2007/4/23:長崎市長への銃弾の意味

2006/1/16:わが歴史グッズの話(18)「その時」の新聞を読んで

2005/9/12:台風下のゼミと「九十九島と九+九十九条」のこと

2005/8/15:カゴシマ・ナガサキと戦後60年

2005/5/23:ベルリンの「壁」から「石碑」へ

2004/8/16:どんな武力行使もしないわけ

2004/7/19:子どもたちにどう伝えるか――韓国で考える(3)

2003/8/11:雑談(26)「食」のはなし(5) ラーメン

2003/7/14:雑談(25)大学教師20年

2003/5/12:追悼ハインツ・シュミット

2002/6/24:「核兵器は持てるが持たない」論の狙い

2002/4/1:鎌田定夫氏との「出会いの最大瞬間風速」

2001/9/24:雲仙普賢岳と強襲揚陸艦

1999/8/16:8月6日の「ヒロシマ通り」

1998/12/14:カーチス・ルメイという男

1998/9/14:20年前の内部告発書

1998/9/7:「ミサイル」事件とTMD

1998/8/31:「広島に原爆を落とす日」とミサイル攻撃

1998/8/3:8月6日を前にして

1998/7/20:米国製「ゴジラ」の核感覚

1998/6/8:「核の傘」に依存しない安全保障とは

1998/3/2:周辺有事立法を批判する(その1)

1997/5/12:化学兵器禁止条約発効によせて

1997/3/4:広島の弾薬庫に劣化ウラン弾

トップページへ