教育・学問・大学


2017/5/29:「全く問題ない」内閣官房長官――「介入と忖度」の演出

2017/5/22:安倍晋三トルクメニスタン大学名誉教授の改憲論と大学論

2017/5/1:「新たな戦前」なのか――日本国憲法施行70年

2017/4/17:「立憲主義からの逃走」――ドイツとトルコの大統領

2017/3/27:「構造的忖度」と「構造的口利き」――「構造汚職」の深層

2017/3/6:第96代内閣総理大臣の「恥ずかしい」政治言語

2017/2/27:「トランプゲート事件」と安倍政権――終わりの始まり?

2017/1/30:「無知の無知」の突破力――安倍流ダブルスピーク/a>

2016/12/12:カジノ賭博解禁法案の闇と影――この国に国会はないのか

2016/9/19:沖縄「高江」から見えるもの――それにもかかわらず(Trotz alledem)

2016/9/12:さようなら、ボン!(その2)――ドイツ基本法の故郷を歩く

2016/8/22:ペギーダの「月曜デモ」――「ベルリンの壁」崩壊から27年(1)

2016/7/18:「戦争に勝者はいない」ということ――ヴェルダンで考える

2016/4/18:難民問題が与えるさまざまな影響――ドイツからの「直言」(3)

2015/12/21:介入三昧・安倍的「国家先導主義」――賃上げから「就活」まで

2015/10/26:臨時国会のない秋――安倍内閣の憲法53条違反

2015/10/19:「賞」と「遺産」の季節に――「小さき人々」のこと

2015/9/28:2016年参院選へ――明文改憲へのシフト

2015/6/15:安保関連法案は「一見極めて明白に違憲」

2015/5/4:「つぶやき民主主義」の陥穽

2015/2/2:フランスの「1.7」は「9.11」なのか――「私はシャルリー」?

2015/1/19:雑談(109)「食」のはなし(18)ゼミ「おでん会」の10周年

2014/12/8:菅原文太さんのこと――久田栄正没後25年に

2014/11/10:「ベルリンの壁」崩壊から4分の1世紀――1年ゼミ生の視点

2014/11/3:安倍政権の「異次元の政策」――常に国民を置き去り

2014/9/15:オキナワと憲法研究者――沖縄の現場から(その3・完)

2014/9/1:抑止力は「ユクシ(嘘)力」――沖縄の現場から(その1)

2014/8/25:「徴兵制違憲」解釈の変更は「あり得ない」か

2014/6/9:大学を職業教育の場に?!――「傲慢無知」政権の大学政策

2014/6/2:学問の自由が危ない――広島大学で起きたことへの憲法的視点

2014/5/12:自己抑制を失った安倍政権――憲法施行67周年に

2014/5/5:「学長が最高責任者だ ! 」――学校教育法改正で変わる大学

2014/3/31:雑談(105)今時の学生たち(2)――大学に生徒会?

2014/2/10:安倍色に染まる日本――「ねじれ」解消の果てに

2014/1/20:辻井喬さんと品川正治さんを悼む

2013/12/23:雑談(103) サークル会長というお仕事――早大公法研究会

2013/7/01: 日本の「ハイテク・トイレ」―トイレの話(その2)

2013/6/3:『あたらしい憲法のはなし』からの卒業―立憲主義の定着に向けて(2)

2013/4/1:「憲法96条研究会」と選挙無効判決

2013/2/25:「アベコベーション」の日本――とりあえず憲法96条?

2013/02/11: 雑談(97)今時の学生について(1)――シルクロード一人旅

2013/2/4:焚書と「美しい国」の80年

2013/1/2:還暦の年を迎えて――激動の2013年への抱負

2012/12/31:「憲法突破・壊憲内閣」の発足

2012/12/17:もう一つの「一票の軽さ」――総選挙終わる

2012/11/5:憲法理論研究会と鈴木安蔵のこと

2012/10/8:メディアは沖縄をどう伝えてきたか――普天間のオスプレイ(1)

2012/10/1:「学者商売」と「学者公害」――悩ましき現実

2012/9/17:権力者が芸術・文化に介入するとき――大阪市長と大阪フィル

2012/9/3:全周トラブル状況の日本――沖縄で考えたこと

2012/8/20:監視カメラは何を監視しているのか――「安全・安心社会」の盲点(1)

2012/8/6:大学の文化と「世間の目」

2012/7/9:雑談(80)「脱IT依存」は可能か

7/2:「首相官邸前異状なし、報告すべき件なし」――テレビ報道の劣化

2012/4/9:ミャンマー2008年憲法をどう診るか

2012/3/26:ゼミは「苗床」である――14期生を送る

2012/3/12:学校被災--東日本大震災から1年(1)

2012/2/6:雑談(91)「親指シフト・キーボードに再び栄光を」

2011/10/31:雑談(88)思索と検索――ネットからの自由?

2011/7/25:早川弘道さんのこと

2011/7/18:政治家の剽窃――ドイツでも政治不信が深刻

2011/7/11:電気事業法27条と大学

2011/7/4:空転と節電の国会――会期延長8日目の風景

2011/3/14:変わる大学――学生=消費者「顧客満足度至上主義」

2011/3/7:コピペ時代の博士号――独国防相の辞任

2010/9/27:ゲゲゲのゲーテ――教員養成に必要なこと

2010/8/2:「特別博士」の授与――改正臓器移植法施行の1週間目に

2010/6/28:税金について語るの「作法」――北野弘久先生のこと

2010/6/14:新聞の衰退は政治の腐敗の始まり?――「新聞をヨム日」

2010/3/29:学位が売られる?

2010/2/22:新型インフルエンザと大学

2010/2/15:「公用」と「私用」の間

2009/12/28:大学と「世間」(その2)――大学「再生」への道

2009/12/21:大学と「世間」(その1)――本末転倒の風景

2009/12/14:雑談(76)音楽よもや話(13) WPOニューイヤー・コンサート

2009/11/16:「日米同盟の深化」でいいのか――ブッシュとオバマの来日

2009/10/26:批判的であること――直言と新聞

2009/10/19:雑談(74)拘束道路と台風休講

2008/9/14:鳥居喜代和氏のこと

2008/11/3:憲法と18歳

2008/5/19:早稲田の杜、08・5・8

2008/5/7:緊急直言 胡錦濤主席の早大訪問歓迎せず

2008/3/24:卒業生をおくる言葉(その2)

2007/12/24:「居留民の仕末」から「集団自決」へ

2007/10/15:「安倍色」教科書検定と沖縄

2007/8/20:自衛隊にも「レンタル移籍」

2007/8/13:映画「TOKKO-特攻-」を学生と観る

2007/6/4:これが「不当な支配」なのだ

2007/4/2:雑談(60)若き日の体験的教育論

2007/3/12:人間使い捨て時代を問う

2006/11/20:教育基本法の「魂」を抜く

2006/10/30:「語り部の話は退屈だった」か――水島ゼミ沖縄2006夏

2006/10/9:雑談(54)学生たちへの言葉(その2・完)

2006/10/2:雑談(53)学生たちへの言葉(その1)

2006/8/14:雑談(52)小学校の先生のこと

2006/6/19:雑談(50)「4月病」って何?

2006/5/22:続・なぜ教育基本法の改正なのか

2006/4/10:雑談(49)四つの「無知」

2006/4/3:ベルリンの学校の「壁」

2006/1/2:憲法公布60年の年頭に

2005/11/14:雑談(45)音楽よもや話(7)指揮者と教師、再論

2005/10/10:雑談(44)個人のコンピューター(PC)からの自由?

2005/9/12:台風下のゼミと「九十九島と九+九十九条」のこと

2005/8/1:雑談(43)「そりゃないぜ」の世界(2)

2005/7/18:憲法の「トリビア」話

2005/6/27:「愛○心」について

2005/6/6:「対話の不在」克服への道

2005/3/21:雑談(40)音楽よもや話(5) WPOのこと(その1)

2005/3/14:「小さな親切」と「大きな害悪」の間

2005/3/7:自動採点とミサイル防衛

2004/10/11:雑談(36)寅さんと鎌倉アカデミア

2004/9/20:1年ゼミと裁判官弾劾裁判所

2004/8/23:雑談(35)「新聞を読んで」余滴

2004/5/31:雑談(34)役に立つか、ためになるか

2004/4/26:「ノー」と言うことの意味

2004/3/1:小さな嘘と大きな嘘

2004/2/2:いま、大学がおかしい

2004/1/19:雑談(31)セミナーリウム(苗床)物語

2003/12/29:年末の憲法談義

2003/11/3:視聴率と大学授業評価

2003/9/15:北海道でのゼミ合宿

2003/8/25:「傲慢無知」の政治言語

2003/7/14:雑談(25)大学教師20年

2003/5/5:大学に保育所ができた

2003/2/10:大学の授業と携帯電話

2002/11/4:大学問題の「現場」から

2002/9/16:暴風雨下30時間で考えたこと

2002/7/1:顔の見える選挙――早大総長選の試み

2002/6/10:わが歴史グッズの話(6)「アシアナから」

2002/5/27:大学の授業への「介入」

2002/4/29:大学に託児所をつくる

2002/4/1:鎌田定夫氏との「出会いの最大瞬間風速」

2002/2/18:雑談(16)指揮者と教師

2002/1/28:雑談(15)「食」のはなし(3)もう一つの「超」勉強法

2002/1/7:2002年のはじめに

2001/12/17:なぜ教育基本法の改正なのか

2001/9/24:雲仙普賢岳と強襲揚陸艦

2001/7/16:大学問題の「現場」に

2001/3/26:「人権尊重教育推進校」の人権感覚

2001/3/19:携帯電話着信音廃止論

2001/2/26:知の衰退の危機

2001/1/29:「荒れる成人式」考

2001/1/15:外国人の地方参政権

2001/1/8:教育がやせてきた?

2000/12/18:情報エコロジーと「知らない権利」

2000/12/4:雑談(7)大学教員のお仕事(2)

2000/6/12:雑談:大学教員のお仕事

1999/12/20:電子メールの「解雇通知」

1999/8/30:芦部信喜先生のこと

1999/3/22:卒業生におくる言葉

1999/3/15:研究者が戦争に協力するとき

1999/3/8:丸山眞男と「執拗低音」

1999/1/12:「一語一会」と一期一会

1999/1/4:「われ遊ぶ、故にわれあり」――年頭にあたって

1998/11/30:「私立大学教官」と「大学生徒」

1998/8/10:批判的スタンスを維持すること

1997/5/26:沼田稲次郎先生のこと

1997/2/25:なぜ、憲法89条の改正か

トップページへ